護符の夢

友人に授ける夢

【印象的な夢】

ある日、とても印象的な夢を観ました。

ストーリーはまるで分からず、ワンシーンなのだけど、とても印象深くてはっきりと覚えていました。

そのシーンは「ある友人にあるものを授ける」というシーン。


当時の私にとっては見たこともないコインのようなもので

五百円玉よりも少し大きめのサイズで

見たことはないけれど、どんなものがそこに描かれていたかだけは、はっきりと覚えていました。


星のマークが中心にあり、その周りに読めない文字が円を成して描かれています。

すごく大事なものだという感覚だったので、起きてからすぐに友人にこの夢を話しました。


【時を経て】

そこから数ヶ月が経って、私はアフリカ出身の人と結婚して、1年後ぐらいのことです。

彼の国で使う護符があると言って、検索した画像を私に見せてくれました。


その瞬間!

あの夢のと同じだ!!

とびっくり!!!


それはシルバーで作られたコイン型の護符で

真ん中に星マーク

その周りには円を成してアラビック文字が書かれていました!

強く護る力がある護符なんだそうです。


その友人はあの夢のときはちょうど人生の転換期で

強力なお守りを授けたのはとても意味が深いとしみじみ。。


【大事な夢の意味は最善なタイミングで】

こんな風に

あれはきっと大事な夢だったはず!

と感じる夢は必ずあって

そのときに意味を捉えきれなくても

後にこのことだったのか!と現実が見せてくれることがあります。

時を経て感動する夢旅♪

Enjoy your dream trip💫

SADIA